まつげエクステはやるべき?メリット・デメリット

まつげエクステはやるべき?メリット・デメリットを確認しとこう!

 

まつげは目の印象を大きく変えるので、何とかしてまつ毛を増やしたい、と思っている人は多いんじゃないでしょうか。

 

ただ、つけまつげはやマスカラはちょっとわざとらしくて、むしろ印象を悪くしてしまう可能性すらあるし、つけまつげはあの装着感もちょっと嫌ですよね。

 

そんな悩みを解決するために登場した技術が、まつげエクステです。
まつげエクステは自分のまつげに特殊な接着剤で人工毛をくっつけるというもので、つけまつげのような不自然さもなくまつげを増やすことができると話題になりました。

 

手軽にまつ毛を増やせるので多くの人がしているようですが、デメリットもあるのでもう少し慎重に考えたほうがいいかもしれません。

 

ここではまつげエクステのメリット、デメリットをまとめてみたいと思います。

 

 

まつげエクステのメリットとは

 

まつげエクステのメリットは、簡単にまつげにボリュームを出せることです。
アイメイクも必要ないほどのボリュームで、すっぴんでも見た目が変わりません。

 

ボリュームはすごいのに、つけまつげのような不自然さがないところがすごいですね。

 

 

まつげエクステのデメリットとは

 

メリットだけ見ると非常に魅力的なまつげエクステですが、実はデメリットがたくさんあります。
よくメリットだけ見てまつげエクステをしてしまう人がいるんですが、後悔しないようにデメリットもしっかり把握しておきましょう。

 

1.健康被害

まつげエクステで最も問題胃となるのが、健康被害です。
その内容はマツエクの接着剤(グルー)によるアレルギー、技術不足による炎症など多岐にわたり、自分で気を付けていても起きるものばかりです。

 

2.定期的に新しくまつげエクステする必要がある

まつげエクステは本当のまつげが増えているわけではないので、当然まつげエクステが取れてしまったらまたまつげエクステをしてもらわなければいけません。

 

その頻度は2週間から4週間に1回程度ですが、見た目を維持するためにはずっとコストがかかってしまいます。実は施術よりも、メンテナンス費用の方が、積み上げていくと高くなってしまいます。(⇒マツエク値段

 

3.アイメイクをしなくていいのははじめだけ

最初はまつげエクステによって増えた毛は上を向いており、量も多いんですが、徐々に量は減り、下向きになってしまいます。

 

そうなるとビューラーを使って上向きにしてあげたり、マスカラを使ってまつ毛が減ったのをカバーしてあげたりしなくてはいけません。

 

 

4.まつげにダメージが蓄積する

まつげに人工毛をくっつけるので、その際に使うグルーやその重さがまつげにダメージを与えてしまいます。
まつげはもともとそんなに丈夫な毛ではないので、これらの負担は非常に大きいです。

 

実際にまつ毛エクステを使っていると2倍の速さで脱毛してしまうと言われており、まつげエクステをしているとどんどん自前のまつげが減っていってしまうかもしれません…。

 

 

まつげ美容液でのケアがおすすめ

 

まつげエクステは確かに自然な見た目ですし、手軽にまつげにボリュームを与えることができます。
しかし、デメリットのことを考えるとなかなか手を出しにくい方法です。

 

そこでおすすめなのが、まつげ美容液を使ってもともと生えているまつげを増やしてあげるという方法です。
この方法であれば、まつげエクステと同じくメイクも必要ない上に、まつげが減っていくこともありませんよ。

 

最近ではマツエクブームでまつげを痛めてしまった人が、まつげ美容液に切り換えて自まつ毛を育てていくと言ったブームもあるぐらいです。

 

しかもまつ毛美容液のいいところは、マツエクをしていても多くの商品がそのまま使えるということです。マツエクを外す前に元々のまつ毛を育てていくということも十分できるんですよ。

 

まつ毛美容液おすすめランキングも参考にしてみてください。

 

 

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします♡



マツエクもOK!まつ毛美容液のおすすめランキング!

まつ毛美容液おすすめランキング

page top