まつげ美容液 副作用

まつげ美容液の副作用はこの5つに気をつけて!

 

どんなまつ毛美容液でも肌に合わなかったり、間違った使い方をしてしまうと副作用が出てしまってもおかしくありません。

 

副作用が心配で、まつげ美容液を使おうか迷っているという人もいるのでは。

 

ここでは、まつげ美容液の副作用についてまとめました。
まつげ美容液は使い方にさえ気を付けていればそこまで心配しなくても大丈夫なものなんですよ。

 

 

副作用と気を付けるポイント

まつげ美容液の副作用としてよく言われているものには主に5つのものがあります。

 

その5つは

@色素沈着
A目の炎症、充血、かゆみ
Bまぶたのはれ、赤み
C眼圧低下
D眼瞼溝深化

です。

 

それぞれ原因と対策があるので、まつげ美容液を使う際はチェックしてみてください。

 

@色素沈着

まず、色素沈着にはいろいろな原因が挙げられますが、表皮の基底層部分にある「メラノサイト」が刺激を受けることで、メラニンを生成させてしまい、その結果、まぶたや目の周りが茶色く変色したように見えてしまうというものです。

 

色素沈着が起きてしまった場合は、製品が医薬品かどうか、まつ毛美容液の良し悪しにも原因がありますが、それ以前に、まつげ美容液の量が多すぎる可能性があります。
その美容液をやめたり、まつげ美容液を減らすことで色素沈着は治ります。色素沈着が消えるまではアイメイクなどで隠すようにしましょう。

 

参考記事:

 

A目の炎症、充血

次に炎症、充血ですが、目に美容液が入ってしまったり、肌が弱かったりするとこれらの症状が出てしまいます。
目に入らないように気を付けるのはもちろん、肌にまつげ美容液があっていないのであれば使うのをやめなければいけないかもしれません。

 

ただ、一時的に炎症が出ているだけの可能性もあるので、数日やめてみたり、量を減らしたり、塗る回数を減らしたりして対策することも可能です。

 

Bまぶたのはれ、赤み

まぶたのはれ、赤みは、美容液と肌が合わないときの副作用です。美容液中の一部の強い成分や、敏感肌の方は起こる可能性があります。まぶたのはれ、赤みなどが出たら使用をやめるようにしましょう。

 

C眼圧低下

眼圧低下は医薬品の成分であるビマトプロストによるものなので、そういった成分の配合されていないまつ毛美容液であれば全く問題ありません。

 

まつ毛美容液と呼ばれる化粧品では、まず心配する必要はありません。

 

D眼瞼溝深化

【怖っ】まつげ美容液の副作用はこの5つ!一番ヤバイのはコレ...

The American Academy of Ophthalmologyより

 

目の周りの骨に合わせてまぶたがくぼんでしまう症状です。これは色素沈着より問題で、見た目もひどくなってしまい怖いですね。

 

こちらも有効成分ビマトプロストを使わなければこの副作用は出ないので心配いりません。

 

まつ毛美容液 おすすめランキングで掲載しているまつげ美容液を選べば、眼圧低下や眼瞼溝深化のリスクは避けることができます。

 

E失明!?

「失明」と言われると怖いですが、この副作用は医薬品の強い薬であるビマトプロストでさえも、これまで報告がありませんので噂のレベルです。
中には「失明が副作用としてある」と書かれているサイトもありますが、このような報告はなく、心配はいりません。

 

 

副作用なしのまつ毛美容液ってある?

 

残念ながら100%副作用なしというのは見つからないかもしれません。副作用は商品によってではなく、塗った人によってあったりなかったり、その度合いに差が出るからです。

 

ただ、上に書いたような強い医薬品成分が配合されていないこと、肌に良くないエタノールなどが配合されてないこと、日本人に合った日本製のものを選ぶということをしていれば、基本的には安全性はかなり高くなります。

 

当サイトでは、副作用の心配のないまつ毛美容液を中心に記載しています。
よければこちらのおすすめ一覧をご覧ください。

まつ毛美容液 おすすめランキング

 

効果が高いかどうか、値段が安いかどうかだけでまつ毛美容液を判断するのではなく、安全性もしっかり考慮して使うまつげ美容液を決めるようにしましょう。

 

目元は敏感な部分で、目の中に入ってしまうと危険な場合もあるということをしっかり認識して、使うときは気を付けましょう。

 

また、たくさんつければいい、頻繁に塗ればいいというわけではないので、その商品推奨の適切な量を適切な回数塗るように気を付けなければいけません。使用量を守ることも大切なのです。

 

マツエクもOK!まつ毛美容液のおすすめランキング!

まつ毛美容液 おすすめランキング

page top