ルミガン点眼液 まつげ育毛

ルミガン点眼液でまつげ育毛ができる!?効果・副作用と入手方法

ルミガン点眼液でまつげの育毛ができる!というのは本当でしょうか?医薬品だから効果も高いはず!とワクワクしている方もいると思いますが、副作用なども確認した上で使用することを強くおすすめします。

 

ここでは、ルミガン点眼液の効果と副作用、手に入れる方法などをまとめました。

 

 

ルミガン点眼液は元々は緑内障・高眼圧症の目薬

ルミガン点眼液でまつげ育毛ができる!?効果・副作用と入手方法

 

ルミガンはもともとはまつげ育毛目的の医薬品ではなく、緑内障や高眼圧症の方に処方される目薬です。
成分は「ビマトプロスト」と言って、緑内障治療眼圧下降の効果がありますが、その副作用としてまつ毛が伸びる、生えるといったことが確認され、まつげ美容目的で人気が出ました。

 

 

ルミガンの効果と副作用は?

ルミガン点眼液でまつげ育毛ができる!?効果・副作用と入手方法

 

ルミガン(ビマトプロスト)の効果は、毛周期の中の「成長期」を長くさせる効果、また、まつ毛を太くするまつ毛を長くするという効果が認められています。

 

効果が出る期間としては1ヶ月から2ヶ月でほとんどの場合で効果を感じられます。

 

副作用として心配されるものには色素沈着があり、 まぶたが黒ずむこともありえます。
色素沈着以外には、目の充血やまぶたの腫れ、赤み、まつ毛が抜けるなどがあるとされます。

 

 

薬局や楽天など通販で買える?

 

ルミガンは日本では処方薬になるので、 薬局や通販では買うことができません
もちろん、なんでも売っているイメージの楽天でも出てきません。

 

ただし、通販によく似た形で、オオサカ堂などの個人輸入でなら買うことができます。これは完全に自己責任になりますので、知識なく買うのはおすすめできません。

 

 

どうやって手に入れる?

ルミガン点眼液でまつげ育毛ができる!?効果・副作用と入手方法

 

ルミガンを安全に手に入れたいという方は、基本的には緑内障と診断されるしかないのですが(笑)、自由診療と言って、保険適用外なら手に入れることは可能です

 

保険適用外なら、美容皮膚科などで胸を張って堂々と「まつげを伸ばしたいからルミガンをください!」と言えるわけですね。

 

 

これからはルミガンではなくグラッシュビスタ

 

ルミガンは本来は緑内障や高眼圧症のお薬。「間違ってまつ毛が生えてしまう」という副作用を都合よく利用していただけなのです。

 

ただ2014年になり日本でもまつ毛貧毛症の治療薬として「グラッシュビスタ」というお薬が認可され、日本でも手に入れることができるようになりました。グラッシュビスタはルミガンと全く同じ成分で、まつ毛貧毛症専用の医薬品処方薬です。

 

どちらも成分は同じものなのですが、まつ毛の育毛に特化されたグラッシュビスタが発売された以上、ルミガンよりもグラッシュビスタを使用するべきでしょう。

 

 

こちらも、ある程度効果が保証されているとも言って良い薬ですが、保険は適用外になるので5mlで 10000円〜15000円ほどの値段になるようです。(クリニックによって差があります)

 

使い方としては、ルミガンは目薬ですので直接目に入れるものですが、グラッシュビスタはまつ毛専用で認可された薬ですので、まつ毛の根元に塗ります。
(もちろん、緑内障でもない人はルミガンを手に入れたとしてもまつ毛の根本に塗るようにしましょう。)

 

 

まとめ

 

ルミガンやグラッシュビスタはまつげ育毛の効果がある程度望める医薬品ですが、お薬であるためその取り扱いには十分注意が必要です。

 

肌に合わない場合に副作用は起きてしまったりデメリットも大きくなります。

 

こういったことを考えると、やっぱり安心なのは日本人向けに作られた安全度の高いまつげ美容液。

 

美容液だから効果がイマイチなのでは?と思うかもしれませんが、美容液でも同じように1〜2ヶ月で効果を実感できる人が多くいることは、SNSなどを読んでいてもわかると思います。(⇒まつげ美容液の効果はいつから?

 

ルミガン点眼液でまつげ育毛ができる!?効果・副作用と入手方法
ルミガン点眼液でまつげ育毛ができる!?効果・副作用と入手方法

 

おすすめの一覧はこちらにありますのでよろしければ見てみてください。

まつ毛美容液 おすすめランキング

 

 

 

page top